ぐるぐるべーぐる物語

こんにちは。

ぐるぐるべーぐるの店主、みちです。

ぐるぐるべーぐるが誕生したきっかけと私のベーグルへの気持ちを少しお話させてください。

 

ベーグルとの出会い

私がベーグルに出会ったのは、アメリカですごした学生時代のことでした。

心理学を学ぶために送った大学生活は大変でしたが、なにより楽しく、すばらしい経験でした。

 

当時、日本でベーグルを見かけることはまずありませんでした。

今まで見たことのない、ドーナツのようなかわいい形のパン、それがベーグルでした。

元々、パンは好きでした。日本のふわふわしたパンに慣れていた私にとって、

見た目以上にずっしり重いベーグルは、新鮮でした。

 

一口食べて、その新鮮さは驚きに変わりました。

今までのパンとはまったく違うのです。

硬い…、というわけではなく、かみごたえがあるのです。

しかも、もっちりしています。

かめばかむほど小麦の味が深まっていく、こんなにおいしいパンが世界にはあったんだ!

 

ベーグルは青春の味?!

一口にベーグルと言っても、フィリングやフレーバー、粉の種類、

製法でまったく違ったものになります。

 

すっかりベーグルの魅力にはまってしまった私は、それからいろんな

ベーグルを食べ続けました。そのままおやつに食べてもよいし、

おかずをはさんでサンドイッチにもできます。

 

手ごろな大きさなので、食べきれなくて残すこともなく、あまってしまったら

冷凍しておけます。荷物の多い大学生にとって、持ち運びしやすく、

腹持ちのよいベーグルは、格好のごはんであり、おやつでした。

 

落ち込んだとき、忙しいとき、ベーグルを食べると、私は元気になれたのです。

そしてとてもしあわせな気持ちになれたのです。

大学にもベーグルカフェがあったのですから、まるでベーグルを食べに

アメリカへ行っていたのかと思うほど、ベーグルはいつも私の傍らにありました。

 

私にとってベーグルは、わざわざNYに行って食べるものでもなかったですし、

日常食として食べきりサイズで自然な形で口にしていた

「しあわせの輪」だったのです。

 

食べたいベーグルがない!

大学を卒業した私は、日本へ帰国しました。しばらくすると、日本でもぽつぽつと

ベーグルを見かけるようになりました。

日本でも大好きなベーグルが食べられる!喜んだのもつかの間、

私はアメリカのベーグルと日本のベーグルとの違いに、また驚かなくてはなりませんでした。

 

最近はベーグル専門店があるぐらいですが、当時口にできたのは、

ふわふわしていてかみごたえのない、そんなベーグルばかりだったのです。

私に元気を与えてくれるベーグルは日本にはありませんでした。

「これは、ベーグルじゃない…」

 

「ないなら創ってしまおう!」で、できた!ぐるぐるべーぐる

ベーグル

がっかりはしましたが、元来ポジティブな性格です。

ないなら自分で作ればよいのです。 試行錯誤を繰り返し、

いろんなベーグルを作りました。

 

私の目指すベーグルを 作るには、もっとパン自体を知らなければなりません。
イースト菌のパン、天然酵母のパン、自家製酵母のパン、さまざまなパンを

作って学んでいきました。私はいつしかみんなが笑顔になれる

ベーグル屋さんをやろう!そんな目標を抱くようになったのです。

 

時は流れ、パン教室などでも学び、また、何軒かのパン屋さんでも働いた経験を経て、

天然酵母と国産小麦のベーグル専門店・ぐるぐるべーぐる誕生させることができました。

 

NYやアメリカのベーグルのコピーではなく、おいしい国産の材料でより日本人のテイストにあった、

モチモチのたのしいベーグルを提供したい、そんな気持ちを大切にしました。

店名も横文字がはやる中であえて「ぐるぐるべーぐる」とひらがなで名づけたのもその表れです。

  

おかあさんの味

ベーグル店

母親になった経験も、ぐるぐるべーぐる誕生の大きな要因です。

おいしいだけでなく、安全で体によい素材を使ったものを

子供たちに食べさせたい、そんな思いから始まって、

心にも体にもやさしいベーグルを作っています。


最後に、ぐるぐるべーぐるのとっておきの秘密をお教えしましょう。

ぐるぐるべーぐるのイメージロゴ、かたつむりマークの由来は、

当時保育園に通っていた娘が描いたイラストにあります

 

母の作るうずまきのようなベーグルは、子供の目にはかたつむりの

ように見えるんですね。そして、シンプルなベーグルには、

ぐるぐる渦巻きの焼印を押しています。これも娘が描いた

渦巻きが基になっています。

 

 

 

「おいしくお召し上がりください」という気持ちを込めて、一つ一つ焼印を押しています。

 

 ぜひ、一度、私と仲間たちの作ったベーグルをお召し上がりください。

 皆さまにしあわせと元気をチャージしていただけますように、

 思いをこめて各種ご用意しています。

 

 そして、ぐるぐるべーぐるのベーグルたちを気にいっていただけたら、

 こんなにうれしいことはありません。

 

 最後まで読んでくださって、ありがとうございました。